「人に、環境にやさしいガラス」がテーマです。

概要・沿革

  • HOME »
  • 概要・沿革

概要

社名 日石硝子工業株式会社
創立 昭和38年(1963年)10月
資本金 4,500万円
代表者 取締役社長 草開敏治
社員数 45名(平成27年3月現在)
事業所
若林工場
若林工場
本社・工場
本社・工場
本社工場
富山県高岡市戸出栄町7番地
TEL (0766)63-6168 FAX (0766)63-6255
若林工場
富山県砺波市狐島329-5
TEL (0763)33-6881 FAX (0763)33-6882
業務内容
ブラスター
ブラスター
ガラス積層作業
ガラス積層作業
クリーンルーム内作業
クリーンルーム内作業
○建築用合わせガラス製造
○腐食加工装飾ガラス製造
○ウォータージェットによるガラスや金属の切断加工
○ガラスモニュメント設計・施工
日本工業規格
表示認証番号
JIS R 3205-TC04 07 004
安全ガラス
(自動車用及び鉄道車両用以外のものに限る)
・合わせガラス

■製造品目ならびにその製造可能最大寸法

※その他詳細については、お気軽にご相談ください。

品目 最大寸法(mm) 仕様等 備考
平面合わせガラス
PVB膜仕様
2500×5500 最大厚さ100mm
最大重量1000kg
多層合わせ可
平面合わせガラス
EVA膜仕様
2400×3600
曲面合わせガラス 2400×3600 1/4曲げ+片袖付まで 特殊仕様は都度ご相談
タペストリーガラス
(プレーンタイプ)
2600×5200 最大厚さ25mm
タペストリーガラス
(デザインタイプ)
2000×2500 デザインならびに最大寸法を超えるものについては都度ご相談

沿革

1963年 富山県高岡市清水町3-3-70にて曲げガラス工場を建設。
その後、自動車用安全ガラスのJIS表示規格許可工場となる。
1983年 現本社所在地にて戸出工場建設に着手。
1986年 戸出工場で自動車用安全ガラスならびに合わせガラスの操業開始。
戸出工場が強化ガラス・自動車用安全ガラス・合わせガラスのJIS表示許可工場となる。
1988年 法人組織に改編・本社を現在地に置く。
1989年 合わせガラス製造ラインを増設。
1993年 若林工場竣工、腐食加工装飾ガラスの製造を開始。

アクセスマップ

本社・工場
〒939-1118 富山県高岡市戸出栄町7
若林工場
〒939-1346 富山県砺波市狐島329-5
富山県砺波市狐島329-5
PAGETOP
Copyright © 日石硝子工業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.